低体温を予防するグッズを駆使して改善に努めよう

体を温める野菜スープ

足元

体を温めるだけではない

冷え性に悩む人や太りやすい体質からダイエットに成功しづらく感じている人など、その悩みを解消させるためにも温活はとても大事な習慣となります。なぜなら冷えることで免疫力は低下し、脂肪を燃やす力も弱まるからです。体を温める習慣として身につける温活は、とにかく体を冷やさずに温める方法に取り組むことです。その方法の1つに「温かい野菜スープを食べること」があります。とくに朝目覚めたからだが体温が下がっており、そのときに朝食として温かい野菜スープを食べれば体の芯から温めることができるようになります。その温活として野菜スープに入れるのにふさわしい食材は、食物繊維が豊富で毛毒性のあるものが良いといわれています。そして具沢山で腹持ちをよくして食べるとより効果を引き出すことができます。たとえば食物繊維が豊富な食材では、人参やジャガイモやかぼちゃなどのような緑黄色野菜、豆類、そして解毒作用効果のある食材では、たまねぎ、ねぎ、しょうが、にんにくなどがあります。これらの食材のほかにもきのこ類を加えて作る人もいれば、豆乳のスープで野菜を加える人もいます。その野菜スープを食べれば温かいスープで体を温められるだけでなく、便秘改善効果につながり老廃物の排出に役立ちます。便秘も冷えの対象とされており、老廃物がたまることで血流が悪化し、体を冷やしてしまいます。老廃物をしっかり排出させ便秘を解消し、血流改善につなげていくことでさらに温活の効果を高め、体を温めていくことができるようになります。